line-s
03.16

(期待の青胴車・阪神5700系5701F。ジェットシルバーの愛称をもつ。撮影地:尼崎にて。)
PAP_0467_2016031619531523f.jpg
(阪神5700系に新たに採用された、ちょい乗りシート。シートは適度に柔らかく短距離利用客にも快適に乗車できるような工夫が施されている。)
PAP_0466_20160316195244f3c.jpg
(車内の情報案内板には大型LCDを採用。見やすいものになった。)
PAP_0464_20160316195208df9.jpg

PAP_0465_20160316195210070.jpg
(車体側面のフルカラーLEDは、視認性の向上のほか、次の停車駅の表示など情報案内の向上の図られている。)
PAP_0461_20160316195204c2e.jpg
(冷暖房の省エネ化を図るため、ドア隣には開閉ボタンを設置。)
PAP_0463_201603161952073f4.jpg

PAP_0462_20160316195205875.jpg
(車内は青を基調に摂津灘をイメージした設計を行いつつも、車両連結部のドアの拡大などのバリアフリー機能も向上させているまた、連結部には、5700系の愛称であるジェットシルバーのロゴも記されている。)

  昨年は首都圏ではJR東日本が新型通勤電車・E235系をデビューしましたが、関西圏でも次世代の新型通勤車両をデビューさせています。
   そのひとつが阪神電鉄5700系・ジェットシルバー。運用時の小回りと起動時の加速が全国屈指の名車・ジェットカーの後継車です。
  鉄道沿線人口の高齢化による利用客減少が首都圏よりも10年早く進んでいるとされる関西圏では、多くの鉄道会社が競争に生き残る為に車内の快適さを追求した近郊形鉄道車両を登場させて来ましたが、近年は通勤形車両にも快適性を高めた車両が登場しています。
   今回の阪神5700系は、それらの車両のなかでも摂津灘や阪神間といった沿線イメージと、自社のジェットカーという鉄道車両の伝統イメージ、つまりコンセプトを大切にしつつ、幅広い客層(特に高齢者・障がい者)に鉄道が不便で乗りにくく怖いものではないという鉄道イメージチェンジをしっかりとPR行っている。新しい鉄道の集客戦略が確立した車両だと強く感じました。

 ※青胴車とは、阪神の各駅停車向けジェットカーの愛称です。

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログ 南海線へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村


にほんブログ村


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://buenosdias0082.blog104.fc2.com/tb.php/803-b7d9ee8f
トラックバック
コメント
5000系列は5700系に置き換えられます。
(今のうちに記録しとかないと•••)
YuIto | 2016.07.18 15:37 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
line
プロフィール

はぐるま

Author:はぐるま
過去に撮った南海電鉄を中心とした鉄道画像をアーカイブ形式で紹介していきたいと思います。 
 ※無断転載はお断りしています。

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログ 南海線へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

検索フォーム
最新記事
RSSリンクの表示
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
カテゴリ
QRコード
QR
back-to-top