--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014. 01. 13  

(南紀白浜から新大阪へ向かう287系9連による、特急くろしお号。近畿車輛・川崎重工製。撮影地:新家~長滝間にて。)
PAP_0206_20140113172736699.jpg
(223系2500番台4連による、紀州路快速・大阪方面行き。熊取まで各駅に停車する。近畿車輛・川崎重工製。撮影地:新家~長滝間にて。)

  黄昏時の阪和線。

 かつて多くの国鉄型車両が行き交っていましたが、今はJR世代の車両がその役割担います。

 ステンレス車体やシンプルな車体で面白味がないといわれる、昨今の新型車両。

 しかし、黄昏時の夕日に照らさせた新型車両は鉄道車両として、極上の輝きを放っていました。

 身近にある鉄道車両、時々日常から外れて眺めてみると、宝物のような光景が広がっているかも知れませんね!。

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログ 南海線へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村


にほんブログ村


スポンサーサイト
NEXT Entry
南海8000系は主力になりえるのか。
NEW Topics
束の間のひと時、南海50000ラピート台湾・桃園メトロラッピング編成。
南海1000系1004Fリニューアル。
遅ればせながら、謹賀新年!。
泉北ライナー、増発!!。
南海1000系1051F、検査明け。
Comment
No title
新型車両はカッコイイのですが、いざ写真に撮るとなると無機質な感じになりがちです。
でも、おっしゃるように黄昏時は新型車両も輝いて見えますね。
というより、逆光に輝く車体は、新しいほど魅力的に見えると思います。
最近の明るいヘッドライトも、良いアクセントになりますね。
お久しぶりです。
 黄昏時の鉄道は、車両本来の魅力を、一番引き出す貴重な機会ですね。
改めて強く感じました。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

はぐるま

Author:はぐるま
過去に撮った南海電鉄を中心とした鉄道画像をアーカイブ形式で紹介していきたいと思います。 
 ※無断転載はお断りしています。

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログ 南海線へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。