--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014. 01. 08  

(南海2000系ズームカー6連による、快速急行・なんば行き。東急車輛製。撮影地:堺東~三国ヶ丘間にて。)

  1950年代後半に、南海高野線で生まれた種別・快速急行。
 その後、南海は2000年代前半までのしばらくの間、快速急行の種別の使用をしませんでした。
しかし、その間に近鉄・小田急・東武を中心に特急に次ぐ優等列車の種別として全国に広まっていきました。
今では、南海をはじめ多くの鉄道会社が使用し、身近になった快速急行。しかしその種別の誕生が南海だったとは意外な驚きです!。さすが日本の現存最古の私鉄、南海といったところでしょうか。

※快速急行の種別誕生には、他にも諸説あります。

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログ 南海線へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村


にほんブログ村
スポンサーサイト
NEXT Entry
回送車に注目!~南海線~。
NEW Topics
束の間のひと時、南海50000ラピート台湾・桃園メトロラッピング編成。
南海1000系1004Fリニューアル。
遅ればせながら、謹賀新年!。
泉北ライナー、増発!!。
南海1000系1051F、検査明け。
Comment
はじめまして、近鉄沿線のものですが、1972年に近鉄奈良線に快速急行が登場してから最近まで南海がその元祖であるとは知りませんでした。
今や関西大手5社すべてで設定されていますが、南海が一番本数が少なく地味な存在なのは残念ですね。
そうですね。
 コメントありがとうございます。南海が快速急行の種別を最近まで設定しなかった理由としては、
1・特急列車に一部座席指定または全車自由席車の特急列車のしていること。
2・特急こうや・りんかん号専用車両が、近年までなかなか充分に編成が揃わなかったこと。
3・急行列車が特急列車の補完役として機能していたこと。
などが挙げられます。近年の高野線快速急行の設定は、橋本駅での観光列車・天空号やJR和歌山線の普通列車とのアクセスを改善するために、設定されている模様です。
No title
快速急行というと、近鉄奈良線のイメージが強かったのですが、まさか南海、それも高野線だったというのは驚きです。
スピード感が感じられる良いネーミングだと思います。
そうですね。

南海の快速急行が創立されたのは、特急の補完種別としての役割でした。
今は、特急の停車駅が増え、急行の箔付けの意味が強くなっているのかもしれません。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

はぐるま

Author:はぐるま
過去に撮った南海電鉄を中心とした鉄道画像をアーカイブ形式で紹介していきたいと思います。 
 ※無断転載はお断りしています。

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログ 南海線へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。