--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 08. 01  

(伊勢志摩から黄昏時に戻ってきた近鉄50000系しまかぜ。近畿車輛製。撮影地:鶴橋にて。)
PAP_0504_20130801003416733.jpg
(高安検車区へ回送される近鉄50000系しまかぜの回送。近畿車輛製。撮影地:上本町にて。)

  式年遷宮を控え、近鉄がデビューさせたプレミアム特急、50000系しまかぜ。1日1往復、水曜運休にも関わらず連日満席状態が続く人気列車です。週末ともなれば沿線に多くの大人達が一目、しまかぜというアイドルを見ようとカメラ片手に駆けつけます。それも鉄道ファンだらけならまだしも一般の方々も夢中なられている様子です。
  
 全国各地に個性的な観光列車が走る中、なぜここまで、しまかぜは多くの人々を夢中にさせるのか。それには近鉄独自のアプローチが伺い知ることが出来ます。

 全国各地には様々な観光列車が走っています。しかしそこまでのアクセスは多くは車やバスで、列車が主な移動手段ではありません。

 それならば、

 ・都市部から観光地まで直接、特別な車両で乗客を往復で運ぶ。

 ・車内では座席・個室などの設備の提供だけでなく、目的の観光地にちなんだ飲み物や軽食、おみやげ等を提供し、旅における観光地へのイメージをより膨らませる。

 ・トワイライトエクスプレスやカシオペア、E5系グランクラスのような高額なプラチナ列車・座席よりも身近な豪華さ、庶民でも手が届く特別車両料金の設定を行う。

 など、徹底したマーケティングと旅のパッケージ化がなされています。こうして最終目的は乗客のリピーター率の向上を目指していると考えられます。(成功例として、アーバンライナーのDXシートの利用率は高さが挙げられる。)

 近鉄しまかぜのこうした人気にあやかってか、JR西日本は近鉄と協力してトワイライトエクスプレスの出雲市行きとしまかぜ号利用をセットにした旅行プランを企画し、10月にもツアーが行われます。

 近鉄の新たなフラッグシップトレイン、50000系しまかぜ号から目が離せません。

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログ 南海線へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村


にほんブログ村

スポンサーサイト
NEXT Entry
南海1000・8000系レア編成による急行運用。
NEW Topics
束の間のひと時、南海50000ラピート台湾・桃園メトロラッピング編成。
南海1000系1004Fリニューアル。
遅ればせながら、謹賀新年!。
泉北ライナー、増発!!。
南海1000系1051F、検査明け。
Comment
自分もしまかぜは撮ったことはありますが
いまだに乗れていません…。
指定が取りにくいというイメージがあるので…。
できれば本数増とかも期待したいですね。
その暁には京都駅や阪神三宮駅への乗り入れも期待したいです。
そうですね。
 自分もまだ、しまかぜは乗車した事がありません。
指定はもう少し落ち着いてから取れるようになると思います。
車両の増備や阪神への乗り入れは不透明ですが、京都からの臨時列車は計画されている話は聞いたことがあります。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

はぐるま

Author:はぐるま
過去に撮った南海電鉄を中心とした鉄道画像をアーカイブ形式で紹介していきたいと思います。 
 ※無断転載はお断りしています。

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログ 南海線へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。