line-s
--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

line-s
04.22

(一路、関西空港へ駆け抜ける、南海50000系50506F・特急ラピート関西空港行き。撮影地:貝塚~二色浜間にて。)

   南海50000系・ラピート。
 関西空港へのアクセス特急として1994年にデビューしました。独特の流線形の先頭形状や楕円形の窓、豹柄を模した座席がある豪華な車内は独特な雰囲気を醸し出しながらも、『レトロ&フーチャー』のコンセプトを統一させています。
 こうしたしっかりと完結した世界観を提供出来る鉄道車両は全国の鉄道を見渡してもとても貴重な存在だと思います。その証拠に子供達には今でも大人気です。
 
 もうすぐデビュー20周年を迎えるラピート。もう一度再評価してみても良いかも知れません。


鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログ 南海線へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://buenosdias0082.blog104.fc2.com/tb.php/470-429d99fc
トラックバック
コメント
ラピートはいつまでも南海の顔ですね。
あの鉄人28号のような顔は他に類を見ません。
車内も豪華でなによりです。
難波から関西空港まで30分程度の乗車ではもったいないくらいだと思いますね。
えびちゃん | 2012.04.23 20:32 | 編集
もうすぐ20年なんですか?早いものですね。
10年程前にラピート&はるかの試し乗りをしました。
スタイルはもちろん車内の居心地の良さも
ラピートの方が良かったと記憶しています。
飛行機搭乗の為に関空へ行く時は京都からという事もあり
それから乗るのははるかばかりですが
時間が有るならラピートで!という気にさせる位
魅力の有る電車だと思います。
bigwest_1965 | 2012.04.23 22:38 | 編集
 ラピートのお陰で、南海線は再び脚光を浴びることが出来たと思います。
南海の顔として子供から大人まで親しまれている功績は本当に大きいですね。

はぐるま | 2012.04.25 21:50 | 編集
 もうすぐ20年目を迎えますが個性が衰えない車両は名車しての資格は充分にあると思います。
利便性は、はるか号が上ですが居住性や価格面ではラピートが上だと感じます。
最近は泉佐野~関西空港間の特定特急料金が100円なので利用者側にとっては嬉しいですね!。
はぐるま | 2012.04.25 21:56 | 編集
ご無沙汰しています。
ラピート、20周年になるのですね。
関空の開港は、ちょっと前のことのように感じてましたが、時間の流れは早いです。
初めて見た時にはあまりに奇抜なデザインに絶句しましたが、実車を見ると塗装がきれいだし、乗車するとその快適さはライバルの”はるか”を引き離しているように感じました。
気がつけば、一番乗りたい特急になっています。
今振り返れば、強烈な個性があったことが話題づくりにつながりましたね。
R25 | 2012.05.13 10:08 | 編集
 お久しぶりです。南海は強烈な個性をもっと活かして集客向上に努めてほしいですね。
はぐるま | 2012.05.20 22:45 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
line
プロフィール

はぐるま

Author:はぐるま
過去に撮った南海電鉄を中心とした鉄道画像をアーカイブ形式で紹介していきたいと思います。 
 ※無断転載はお断りしています。

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログ 南海線へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

検索フォーム
最新記事
RSSリンクの表示
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
カテゴリ
QRコード
QR
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。