line-s
--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

line-s
03.15

(南海1000系拡幅車1004Fによる全車自由席・特急和歌山市行き。撮影地:貝塚~二色浜間にて。)
PAP_0560_20120315002236.jpg
(南海7100系6連による空港急行関西空港行き。撮影地:貝塚~二色浜間にて。)
PAP_0561_20120315002235.jpg
(南海8000系トップナンバー8001Fによる普通関西空港行き。撮影地:貝塚~二色浜間にて。)

 南海も来月のダイヤ改正まであともう少しです。通勤型車両による全車座席自由席の特急列車・通称自由席特急の運用も消滅する話がある中、有終の美を飾らんと日々目的地に向けてひたすら駆け抜けます。

 関西の大手私鉄では古くから乗車券で乗れる特急列車を運行してきました。しかし、南海線は他の私鉄路線と比べ沿線のニーズや環境が異なっていました(四国連絡のフェリーを運航しているなど)。全車自由席の特急列車を本格的運行するよりも一部指定の特急列車を運転する方が妥当だと南海は考えたのだと思います。

 ※南海線の特急サザンの自由席には乗車券のみで利用できます。

 乗り得列車として注目されて来た自由席特急。またいつか再び登場するかは分かりませんが、しばしの別れです。

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログ 南海線へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://buenosdias0082.blog104.fc2.com/tb.php/458-0fab8771
トラックバック
コメント
特急サザンはリクライニングシートの指定席車+ロングシートの自由席車という一風変わった列車ですね。
仰る通り四国連絡の使命も兼ね備えているためにこのような形になったのだと思います。
あと阪和間は京阪間や阪神間と比べて距離が長いことも指定席の需要につながっていると考えられますね。
えびちゃん | 2012.03.17 12:52 | 編集
  特急サザンは関西では一風変わった列車だと思います。しかし全国的に見れば中部地区には名鉄の特別車が首都圏にはJR東日本がグリーン車が連結されていますので珍しくないのかも知れません。
 四国連絡の使命も兼ね備えているのですが、近年はホームラナー的存在に変化しつつあるので四国連絡の役目も無くなるかもしれません。
 阪和間の特急列車の競争は新幹線の乗り継ぎ割り引きのあるJR西日本と、ワンコインの南海との競争が激化しそうです。
はぐるま | 2012.03.20 18:37 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
line
プロフィール

はぐるま

Author:はぐるま
過去に撮った南海電鉄を中心とした鉄道画像をアーカイブ形式で紹介していきたいと思います。 
 ※無断転載はお断りしています。

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログ 南海線へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

検索フォーム
最新記事
RSSリンクの表示
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
カテゴリ
QRコード
QR
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。