line-s
--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

line-s
02.05
S1003.jpg
(ブルーのラインがアクセントな水間鉄道1000系1003F。撮影時は水間観音駅に改称の直前だった為、LED幕が水間と表記されている。東急車輛製。撮影地:水間観音駅にて。)
P1000009.jpg
(1000系の側面には、この様な色鮮やかなエンブレムが取り付けられている。撮影地:水間観音駅にて。)

(1000系1003Fの車内。リニューアル工事を施工した佐伯工業のネームプレートがある。撮影地:水間観音駅にて。)
S1005.jpg
(水間観音駅車庫で留置されている1000系1005F。水間鉄道では2編成ずつ交代でローテーション運用を行っている。東急車輛製。撮影地:水間観音駅にて。)
P1000001.jpg
(方向幕を外されたまま留置されていた7000系7103形。数年前は貝塚駅の休憩室として使われていた。東急車輛製。撮影地:貝塚駅にて。)
P1000011.jpg
(7000系7103形の先頭車上部付近にある東急車輛のネームプレート。歴史の深さを感じさせる。撮影地:貝塚駅にて。)
P1000013.jpg
(7000系7103形車内にある水間鉄道線の路線図。シンプルだが分かりやすくて良い。撮影地:貝塚駅にて。)
P1000012.jpg
(7000系7103形車内にある運賃料金表。ローカル私鉄特有の階段状のものではあるが小人運賃まで細かく記載されている。撮影地:貝塚駅にて。)
P1000002.jpg
(数年前は泉州特産の水なす漬の即売所になっていた7000系7000形。現在は水間観音駅車庫に留置されている。東急車輛製。撮影地:貝塚駅にて。)
P1000004.jpg
(7000系が来るまで走っていた旧南海車。現在は塗装も変更され駅職員の休憩室等に使用されている。撮影地:水間観音駅にて。)
P1000003.jpg
(水間寺を意識した水間観音駅の駅舎。近畿の駅100選にも選ばれている。撮影地:水間観音駅にて。)

 南海貝塚駅に連絡・隣接し、厄除け観音で有名な水間観音駅まで約15分で結ぶ水間鉄道。大阪府内でも数少ないローカル私鉄の1つです。全路線が全て1つの市内に収まっているのも全国的には珍しいと思います。
 水間鉄道では、古くから南海の中古車で営業運転をしていましたが、平成初期に南海で譲渡できる中古車両が無かった事から急遽、東急から7000系を譲り受け水間線を走り始めました。現在は車齢40年以上にも関わらず、新車並みのリニューアル工事を受け1000系と改称するも、車体やディスクブレーキつき台車など東急時代の面影はしっかりと残っています。
 水間鉄道という会社自体、倒産という危機に直面しながらも、地域の住民の貴重な交通手段として、水間観音がある水間寺に向かう参拝客の運ぶ為に、多くの人々に支えられて今日も走っています。関西空港や大阪・なんばから1時間圏内で向かう事ができるので、1度訪れて乗車しながらちょっとした観光も良いかもしれません。

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログ 南海線へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://buenosdias0082.blog104.fc2.com/tb.php/424-594b37cf
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
line
プロフィール

はぐるま

Author:はぐるま
過去に撮った南海電鉄を中心とした鉄道画像をアーカイブ形式で紹介していきたいと思います。 
 ※無断転載はお断りしています。

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログ 南海線へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

検索フォーム
最新記事
RSSリンクの表示
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
カテゴリ
QRコード
QR
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。