line-s
--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

line-s
01.21

(阪和線・きのくに線の看板特急、283系オーシャンアロー。日立製作所製。撮影地:東貝塚~和泉橋本間にて。)
PAP_0440.jpg
(381系スーパー基本編成6連による特急スーパーくろしお。撮影地:東貝塚~和泉橋本間にて。)
PAP_0441.jpg
(225系5000番台による区間快速・日根野行き。近畿車輛・川崎重工製。撮影地:東貝塚~和泉橋本間にて。)
PAP_0385_20120121105416.jpg
(223系2500番台による区間快速・日根野行き。近畿車輛製。撮影地:東貝塚~和泉橋本間にて。)
PAP_0386_20120121105416.jpg
(103系6連による普通運用。先頭車は2500番台黒枠Hゴム車。撮影地:東貝塚~和泉橋本間にて。)
PAP_0387.jpg
(阪和線の103系は日根野電車区における最多の車両形式ではなくなった。撮影地:東貝塚~和泉橋本にて。)

 かつて、JR西日本のアーバンネットワークの中で最も国鉄型車両が活躍していた阪和線。しかし近年は223系2500番台の増備や225系5000番台の投入と381系国鉄色編成と113系の引退や103系の減車等の相次ぐ国鉄型車両の削減により様相がすっかり様変わりしました。阪和線が一変にJR型の車両が駆け巡るようになったのはさすがに驚きと同時に環境に慣れていないのか違和感を感じてしまいます。新型車両投入によるサービス向上と変わりに国鉄型車両の本格的に消えていくのかと思うと心境は複雑です。
 さらには今度のダイヤ改正から新型特急車両287系の投入され381系も徐々に置き換えられる予定です。又、きのくに線直通特急の列車名は全てくろしお号に統一されオーシャンアロー、スーパーくろしおの列車名も消滅します。子供達をはじめとした家族連れ、観光客に人気のあった列車名だっただけに名残惜しいですね。

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログ 南海線へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://buenosdias0082.blog104.fc2.com/tb.php/415-29e2c527
トラックバック
コメント
3月の改正で「オーシャンアロー」と「スーパーくろしお」の愛称がなくなり「くろしお」に統一されますね。
でも「オーシャンアロー」は車両の愛称として残して欲しいと思います。
えびちゃん | 2012.01.21 17:40 | 編集
  残念ですが、鉄道の運用合理化の一環としての愛称統一なのでしょう。くろしお号は歴史ある列車名ですし、90年代前半のJRのサービスの多様化からの方針転換と言っても良いかも知れません。
はぐるま | 2012.01.21 19:04 | 編集
私もオーシャンアローの名前は残して欲しいと思っています。
デビューからずっとオーシャンアローと呼んできたのですから、ある日からくろしおを名乗ると違和感があります。
R25 | 2012.01.28 22:17 | 編集
 自分も283系に、くろしお号の列車名は違和感を感じますね。
ダイヤ改正後の時刻表には、オーシャンアロー車両で運転との注意書きが表記されるようです。
はぐるま | 2012.01.28 22:41 | 編集
くろしお号に287系が投入されるがオーシャンアロー号283系と比べたらもう一つ格好良さに欠けますね。はまかぜ用キハ189系みたいに安っぽい感じがして利用客に飽きられるかもしれないと思います。
ayuminish | 2012.01.29 20:49 | 編集
 JR西日本が287系を投入した背景は特急形車両の標準化が目的だと思います。近鉄特急の様に定着させたいのでしょうが、ハード・ソフト共にもう少し改善が必要だと思います。
はぐるま | 2012.01.29 21:29 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
line
プロフィール

はぐるま

Author:はぐるま
過去に撮った南海電鉄を中心とした鉄道画像をアーカイブ形式で紹介していきたいと思います。 
 ※無断転載はお断りしています。

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログ 南海線へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

検索フォーム
最新記事
RSSリンクの表示
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
カテゴリ
QRコード
QR
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。