line-s
10.25

(夕闇を駆ける初代京阪3000系、現8000系8531Fによる特急運用。川崎重工業製。撮影地:滝井にて。)
PAP_0076.jpg
(行楽シーズンに6連で運用された阪急6300系6350F・快速特急嵐山行き。アルナ工機製。撮影地:茨木市にて。)

   1970年代、関西私鉄は黄金時代と言われるほど隆盛を誇っていました。特に顕著だったのが豪華な車両の充実振りです。1971年、京阪に登場した初代3000系はシートピッチ900mmオール転換クロスシートのほかテレビカーや等の設備を備え京都への観光客輸送に華を添えました。一方阪急では1975年に6300系をデビューさせ、今までのマルーン一色の伝統を破った特徴的なアイボリーの外観と転換クロスシートだけではなく、国鉄東海道線との競争にもしのぎを削り、多くの人々の注目を集めました。
 
 華やかな時代でしたが、単なる鉄道会社の張り合いだけではなく『~お客を喜ばせたい~。』という想いが根底にあっての黄金期だったのかもしれません。

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログ 南海線へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://buenosdias0082.blog104.fc2.com/tb.php/394-8e4fdfa6
トラックバック
コメント
京阪旧3000系と阪急6300系の全盛期は両者とも特急は京阪間ノンストップで
沿線中間地域の利用者にとってはめったに利用できないため
まさに羨望の的でした。
当時は国鉄も117系新快速を運行し
京阪間の所要時間では京阪や阪急より圧倒的に短かったですが
なにせ私鉄王国関西ゆえ
人気は京阪や阪急の方が上でしたね。
えびちゃん | 2011.10.25 21:24 | 編集
 先日、京阪のノンストップ特急も行楽シーズンに復活しました。今後は土休日を中心に阪急阪神共にかつての黄金時代の光景が本格的に蘇るかも知れません!。
はぐるま | 2011.10.25 21:55 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
line
プロフィール

はぐるま

Author:はぐるま
過去に撮った南海電鉄を中心とした鉄道画像をアーカイブ形式で紹介していきたいと思います。 
 ※無断転載はお断りしています。

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログ 南海線へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

検索フォーム
最新記事
RSSリンクの表示
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
カテゴリ
QRコード
QR
back-to-top