--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010. 11. 20  

(ステンレス車体に赤のラインが印象的なキハ189系。新潟トランシス製。撮影地:塚本にて。)
18122_20101126214259.jpg
(長年、播但地方の陰陽連絡特急・はまかぜ号として活躍したキハ181系。11月6日に定期運用から離脱した。こちらは離脱前の5D、キハ181系はまかぜ5号鳥取行き。撮影地:大阪にて。)

 11月7日、特急はまかぜ号が新型車両キハ189系に置き換われ新たなるスタートを切りました。車体はステンレス製で、先頭部分のみ鋼製の模様です。安全面は、225系同様に車体構造が見直されているそうです。先頭車両は、パノラミックウインドウを採用しライトの位置など、キハ181系のデザインを受け継いだものとなっています。外観デザインの赤のラインは、カニをモチーフにしているのではないかなぁと感じています。今後の活躍に注目していきたいです。画像は11月7日デビュー当日の3D、はまかぜ3号です。

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 南海線へ
にほんブログ村 
スポンサーサイト
NEXT Entry
特急サザン座席指定車、利用者4000万人突破!
NEW Topics
束の間のひと時、南海50000ラピート台湾・桃園メトロラッピング編成。
南海1000系1004Fリニューアル。
遅ればせながら、謹賀新年!。
泉北ライナー、増発!!。
南海1000系1051F、検査明け。
Comment
こんばんは。
先日最後にもう一度キハ181系の乗り心地を味わいたいと
かにカニはまかぜに乗ってきました。
播但線も実は初めてだったのですが軽量振り子気動車を
投入しなかった理由はひょっとして余りにも条件の悪い路線の為に
スピードアップが望めないからかも知れませんね。
城崎温泉近くで初めてキハ189系と対面しましたが
キハ181系のイメージを上手く継承した
そのスタイルやカラーには好感が持てました。
赤いラインは国鉄色の名残かと思っていましたが、なるほどカニの赤かもしれませんね。
キハ181と比べると存在感が・・・と思っていましたが、さすがは新型だけあって、走っている姿は颯爽として好感が持てるものでした。
貫通サンダーバード顔が増える中、オリジナリティのあるデザインは貴重な存在かもしれません。
287系や683系4000番台よりオリジナリティ溢れる独特なデザインで好感が持てますね!
 線形の問題だけではなく、はまかぜ号自体が播州・但馬地方の陰陽連絡列車としての性格を帯びている以上、振り子機能や車体傾斜装置までスペックを求めなかったのかも知れません。その気になれば最高時速130kmは充分出せますし、兵庫県の播但地方の中核都市を結ぶことがそもそもの目的だと思います。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

はぐるま

Author:はぐるま
過去に撮った南海電鉄を中心とした鉄道画像をアーカイブ形式で紹介していきたいと思います。 
 ※無断転載はお断りしています。

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログ 南海線へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。