line-s
11.11
Image030ns.jpg
(泉北高速鉄道の新型車両7020系。プラグドアは省略されている。川崎重工製。撮影地;新今宮にて。)
Image013ns.jpg
(泉北高速鉄道7000系。車両先頭部にはプラグ式の貫通扉が設置され、豪華な仕様となっている。川崎重工製。撮影地:天下茶屋にて。)
Image014ns_20101111191339.jpg
(泉北高速鉄道3000系。和泉中央方の先頭車前面部にはLEDライトの改造が施されている。東急車輛製。撮影地:新今宮にて。)

  南海高野線と相互直通している、泉北高速鉄道は、堺市・和泉市にある泉北ニュータウンとなんばを結ぶ鉄道として運営されてきました。平成初期までは6200系に類似した、コルゲート外板が付いたステンレス車両3000系が主力で青の帯は、南海のステンレス車両と一線を画した雰囲気を出していました。また、近年では5000系等のVVVFインバータ制御車などの新技術を取り入れた新型車両の採用も積極的で、7000系にいたっては、アルミ車体の採用に近鉄22000系を彷彿とさせる車両先頭部にプラグ式貫通扉が登場したり、7020系では車内にLCD方式の情報案内板設置したりと豪華な設備を有しています。南海高野線内においてもその存在感は光っています。最近、大阪府の財政悪化にともない泉北高速鉄道の売却話が持ち上がり今後の動向に目が離せない鉄道会社です!。

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 南海線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://buenosdias0082.blog104.fc2.com/tb.php/215-94f8f7d6
トラックバック
コメント
かつては南海電車と同じ車両に青のアクセントという印象だった泉北高速ですが、気がつけば銀色ばかりの高野線の中で、白地に青帯の目をひく存在になっていました。
7000系を初めて見たときには、あまりのインパクトに驚きました。
7000系、7020系、ともにデザイン面で泉北高速のイメージを塗り替えた名車だと思います。
R25 | 2010.11.14 22:41 | 編集
 7000系・7020系は南海高野線では異彩を放つ存在ですからね!南海にあれだけの車両が発注は難しいを思います。
はぐるま | 2010.11.19 21:07 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
line
プロフィール

はぐるま

Author:はぐるま
過去に撮った南海電鉄を中心とした鉄道画像をアーカイブ形式で紹介していきたいと思います。 
 ※無断転載はお断りしています。

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログ 南海線へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

検索フォーム
最新記事
RSSリンクの表示
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
カテゴリ
QRコード
QR
back-to-top