line-s
--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

line-s
10.08
Image6511.jpg
(VVVF化更新工事を終えたばかりの6200系6511F。更新後、登場当初は6000系6907Fと併結して運用に入っていた。東急車輛製。撮影地:新今宮にて。)
Image070n_20101018214835.jpg
(こちらは6200系6511F+6907Fの併結編成による普通運用。東急車輛製。撮影地:天下茶屋にて。)
 
 南海線では、着々と新8000系の増備が進む中、高野線ではあるプロジェクトが現在進行中です。6200系や6300系を中心に高野線の従来車達を、車体更新と共にVVVF化するというものです。
 
 詳細は、制御機器はIGBT-VVVFインバータ装置に変更し、車内案内LED、音声案内つきのドアチャイム、ロングシート端のスタンテンションポールの設置、車内天井の改装等の更新がてんこ盛りです。新8000系で賛否両論が出たロングシート中央部のスタンテンションポールは設置されず、新8000系の硬めのシートも交換せず従来のものを再使用される模様です。
 
 前回紹介した6507Fも同様ですが、それらの更新の中でも特筆するべき点は6000系などの抵抗性御車両とも併結して運用できる点です。確かに他の私鉄やJRでも同じような併結編成はなされているのですが、南海は6200系を手始めに本格的に改造する事で、本気でオールステンレス車を末永く使い続けていく意思表示をしたのではないかと思います。

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 南海線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://buenosdias0082.blog104.fc2.com/tb.php/194-d92fa20d
トラックバック
コメント
南海電車に限らず、関西の私鉄は目玉車両を投入しつつも、一方で古い車両を大事に使い続けていますよね。
この車両がVVVF化されて長寿をまっとうするとは思いもよりませんでした。
R25 | 2010.10.10 10:11 | 編集
  6200系どころか6300系も改造対象のようです。6000系からみれば、後輩達の活躍はまだまだと思っているのではないでしょうか?
haguruma5751 | 2010.10.11 21:04 | 編集
南海高野線の6200系だけでなく、6300系もVVVF化とは、思いもよりませんでした。
もしかしたら6200系は泉北3000系オールステンレス編成も購入・編入・魔改造するかも知れず、そうなると、6両と4両が各7本の全70両になり、既に南海本線で使用している元3000系セミステンレス車は、京成が3700形製造までのリリーフで京急1000形をリースで借用した前例から、恐らく8000系置き換えまでのリリーフの公算大かも知れません。
さすがに6000系は8000系に置き換わる事が予想されます。
と言うのも6000系の片開きドアエンジンの部品が入手難になって来ており、7000系の廃車発生品で部品を確保しているそうです。
今後大手私鉄から片開きドアの通勤車は姿を消す事が予想され、西鉄313形は2015年1月に引退が決まっており、阪神7861形は現時点では未定ですが、将来はワンマン機器を搭載した1000系2両編成への置き換えが予想され、京急800形は1000形1300番台への置き換えが進んでおり、南海6000系は片開きドアと抵抗制御が災いし姿を消すでしょう。
内田 修 | 2014.08.21 21:18 | 編集
   ご訪問ありがとうございます。
 南海6000系は自分もいずれ引退すると思っています。ただ他の私鉄と比べて、まだ第一線で活躍する期間が長いと思います。南海8000系も13編成まで出揃いました。このまま改良しつつ増備が続くのか、泉北高速鉄道を子会社化したので、新形式が登場するのか注目していきたいですね!。
はぐるま | 2014.08.25 00:19 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
line
プロフィール

はぐるま

Author:はぐるま
過去に撮った南海電鉄を中心とした鉄道画像をアーカイブ形式で紹介していきたいと思います。 
 ※無断転載はお断りしています。

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログ 南海線へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

検索フォーム
最新記事
RSSリンクの表示
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
カテゴリ
QRコード
QR
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。