line-s
10.06
Image050n.jpg
(空港急行運用に入る7000系。長年、南海線の主力としてあり続ける。帝国車輛工業、近畿車輛、東急車輛製。撮影地:二色浜~鶴原間にて。)

 7000系は南海線運用される大手私鉄では珍しい通勤型の片開き扉車両です。長年南海本線の主力車の一翼担っています。
 1963年から1968年までの5年間に帝国車輛工業、近畿車輛、東急車輛の大阪製作所で90両が製造されています。
 6000系がオールステンレス車として高野線で登場したのに対し、7000系列普通鋼でしています。これは、当時南海本線の踏切事故が非常に多く、衝突事故に際して修理を容易にするために普通鋼を採用されたと言われていま。
 1983年から、大掛かりな冷房化および車体更新工事を実施し、集電装置も下枠交差式パンタグラフに変更されています。この時、4両編成では補助電源装置がMGと呼ばれる電動発電機からSIVと言われる静止形インバータ に変更されています。このときに制御器の種類も変更されました。なお、段階的に前面・側面に方向幕の設置工事を行っています。
 しかし、4両編成に補助電源装置は一基のみの搭載とされたので故障した時のことを考慮し、営業運転時に4両編成を単独運用することが制限されていました。同様の理由により9000系4両編成での単独運用が制限されています。実際に、車両故障を起こした為、4両編成での単独運用を取りやめになっています。なので、7000系4両基本編成は他の7000系の2両編成や4両編成の本系列もしくは7100系と併結して、混結編成を含め、6両または8両で運用されるようになりました。
 
 特急「サザン」の自由席車両として10000系4両と連結し8両編成で運転されるだけでなく、自由席特急、急行、、空港急行、区間急行、準急行、普通車、と幅広い運用に就いています。

 沿線の塩害問題には長年悩まされ、製造から数十年が経過しつつも、1980年代に大規模な更新工事を全車に施すことで、いったんは廃車は免れました。しかし、空港線への運用増加や、まもなく全編成が更新から20年以上の年月が経過し、車両の老朽化による新8000系の置き換えが急務となっています。

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 南海線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://buenosdias0082.blog104.fc2.com/tb.php/187-3b26b926
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
line
プロフィール

はぐるま

Author:はぐるま
過去に撮った南海電鉄を中心とした鉄道画像をアーカイブ形式で紹介していきたいと思います。 
 ※無断転載はお断りしています。

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログ 南海線へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

検索フォーム
最新記事
RSSリンクの表示
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
カテゴリ
QRコード
QR
back-to-top