line-s
--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

line-s
09.24

(和歌山市側先頭、10000系4両が座席指定車。スタイリッシュな車体でビジネス客の利用を目的とした10000系はローレル賞を受賞している。乗車券の他に座席指定券が必要。東急車輛製。撮影地:貝塚~二色浜間にて。)

Image056n.jpg
(なんば側自由席車は7000系または7100系4両が担当する。乗車券のみで利用できる。主に東急車輛製。撮影地:鶴原3号踏切にて。)

  1985年、南海はそれまで走っていた1001系特急四国号に代わり10000系特急型車両を登場させ7100系や7000系と連結させて、なんば~和歌山市・和歌山港間に、特急「サザン」を登場させました。従来の特急列車では国鉄やJRでは自由席にも特急料金が必要であり、私鉄の特急列車でも特急料金が必要な専用車両しか走らせない場合や特別料金不要な場合であっても通勤型車両が主力で設備が限られる車両が運用される場合が多数でした。(一部の私鉄は除く。)そこで南海はゆったり着席して移動したい利用者には特別料金でリクライニングシートの車両に乗ってもらい、立ってでも目的地まで急ぎたい利用者には通勤型車両に乗ってもらうという選択肢を持たせる列車を運行させました。この作戦はヒットし、当初2両だった10000系座席指定車も4両に増結され、ラッシュ時には10000系座席指定車のみによる運用もありました。現在ではより柔軟な運用が出来るように、ラッシュ時の10000系座席指定車のみの運用はなくなり、すべての運用が座席指定車4両+自由席車4両=計8両による、毎時30分ヘッドによる運行がなされています。通学・通勤客のみならず、和歌山北部や泉州地域で仕事をしているビシネス客にとっては利便性の高い列車ではないでしょうか?

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログ 南海線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://buenosdias0082.blog104.fc2.com/tb.php/173-9ee254e7
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
line
プロフィール

はぐるま

Author:はぐるま
過去に撮った南海電鉄を中心とした鉄道画像をアーカイブ形式で紹介していきたいと思います。 
 ※無断転載はお断りしています。

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログ 南海線へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

検索フォーム
最新記事
RSSリンクの表示
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
カテゴリ
QRコード
QR
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。