line-s
--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

line-s
08.25

(高野線のクイーン、デラックスズームカー南海30000系、特急こうや。東急車輛製。撮影地:新今宮にて。)
Image097.jpg
(高野山・極楽橋方面直通の2000系ズームカーによる快速急行。東急車輛製。撮影地:新今宮にて。)
Image101a.jpg
(橋本駅にて、高野山・極楽橋や高野下方面の列車に接続する6300系の急行運用。東急車輛製。撮影地:新今宮にて。)

  近年のダイヤ改正で変化している南海高野線。「こうや・りんかんの併結運転、こうや号の不定期運用の増便、平日ラッシュ時のりんかんの8連運用。」など、特急列車の運用の柔軟性を広げる一方、高野山・極楽橋方面に直通する「大運転」といわれる急行系統の運用の削減、橋本駅での高野山方面の列車への乗り換えの増加など都市近郊路線と観光路線との両立に苦慮している姿がうかがわれます。「世界遺産・高野山」として世界的に注目される高野山。その足としても、高野線の今後の総合的な利便性の向上を期待したいですね。

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログ 南海線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://buenosdias0082.blog104.fc2.com/tb.php/160-bfa28423
トラックバック
コメント
30000系は南海電車の車両の中では異色のデザインですが、通勤電車とは全く異なるデザインでラピートと共に抜群の存在感を放っていますね。
近畿の鉄道はいろいろ乗り歩きましたが、何度も行きたくなる魅力が高野線にはありますね。
R25 | 2010.08.29 15:06 | 編集
  パノラマ展望の30000系は南海高野線の観光特急と顔としての意味合いがとても強いと思います。通勤特急としての汎用性が強く求められた31000系と違いは象徴的ですね。
 近畿の鉄道の中でも高野線は観光路線と通勤路線の二面性、オールステンレス車、ズームカーをはじめとする車両の豊富さなど、様々な魅力がありますね。 。
haguruma5751 | 2010.08.31 22:12 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
line
プロフィール

はぐるま

Author:はぐるま
過去に撮った南海電鉄を中心とした鉄道画像をアーカイブ形式で紹介していきたいと思います。 
 ※無断転載はお断りしています。

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログ 南海線へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

検索フォーム
最新記事
RSSリンクの表示
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
カテゴリ
QRコード
QR
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。