line-s
--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

line-s
10.29

(南海12000系サザンプレミアム+8000系による特急サザン和歌山市行き。東急車輛製。撮影地:粉浜にて。)
PAP_0394_20111029173030.jpg
(南海50000系50501F・トップナンバー編成による特急ラピートβ関西空港行き。東急車輛製。撮影地:粉浜にて。)
PAP_0395.jpg
(住ノ江検車区へ回送される南海7100系8連回送。東急車輛・近畿車輛製。撮影地:粉浜にて。)

 今年の南海電車まつりは体調不良で行けませんでしたが、まつりの直前になって今後の南海に影響する大ニュースが飛び込んできたので今回はそれについて考えたいと思います。

 東急車輛の鉄道車両事業がJR東日本に売却・譲渡されるいうお話です。

 東急車輛は言わずとしれた東急電鉄の系列子会社ですが最近は東日本地域のJR・民鉄を始め、日本の近年の鉄道車両業界の牽引役でもありました。東急車輛の数少ない関西での主要取引先でもある南海では帝国車両が東急車輛に吸収合併された後も東急車輛と長年に渡る契約関係を続け、南海30000系デラックスズームカーや南海10000系座席指定車などの花形特急形車両から6000系を始めとする高野線のステンレス車両、7000・7100系を始めとする本線の鋼製車両を製造し続けてきました。
 
 特に最高傑作と言われたのが90年代の関西国際空港開港時に登場した空港特急・南海50000系ラピートです。当時、鉄道車両のコストダウン化が叫ばれ始めた関東の鉄道車両メーカーの製造とは思えない徹底した細かい造りに多くの人々が感動し南海50000系ラピートはデビュー後、ブルーリボン賞を獲得しました。

 その一方で最近はJR東日本との密接な関係と築き始め、新津製作所の製造ラインに技術協力を行ったりと不可思議な動きを見せていたので、もしかしてJR東海の日本車両買収の様な可能性も否定できないかもと考えていました。

 今後、南海がJR東日本の一部となる東急車輛に車両製造を依頼し続けるのか、それとも近畿車輛や川崎重工業などの他社に鞍替えするのか、南海の車両動向から目が離せません!。

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログ 南海線へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
line
プロフィール

はぐるま

Author:はぐるま
過去に撮った南海電鉄を中心とした鉄道画像をアーカイブ形式で紹介していきたいと思います。 
 ※無断転載はお断りしています。

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログ 南海線へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

検索フォーム
最新記事
RSSリンクの表示
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
カテゴリ
QRコード
QR
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。